ノートブックのフォーマットとスタイル

Wolfram言語のノートブックには,最高品質の文書処理システムの一般的な機能と,その他の多くの特別な機能が含まれている.そのすべてにおいて,1000以上のフォーマットおよびスタイルオプションがあり,メニューからでもプログラムレベルでもアクセスできる.Wolfram言語のノートブックには基底に記号構造があり,それにより完全なマークアップ,カスケーディングスタイルシートが利用可能で,即座にドキュメントのスタイルを変更することもできる.ノートブックはインタラクティブに使用するためだけでなく,Webや印刷メディア用にも最適化することができる.

参照項目参照項目

書式 フォーマットのためのメインメニュー

セルスタイル »

書式 スタイル フォーマットのためのメインメニュー

Alt+ セルスタイルを選択する (1:Title,2:Subtitle,4:Section,7:Text,9:Input,...)

Alt+Enter 同じスタイルの新規セルを作成する

テキストスタイル »

Ctrl+B (Bold)  ▪  Ctrl+I (Italic)  ▪  Alt+= (Larger)  ▪  Alt+- (Smaller)  ▪  ...

数学タイプセット »

Ctrl+_ ()  ▪  Ctrl+/ ()  ▪  Ctrl+2 ()  ▪  EscaEsc (α)  ▪  ...

Shift+Ctrl+T 慣用形に変換する

Ctrl+(Ctrl+) テキスト内のインライン数式を開始,終了する

グラフィックススタイル »

ドラッグ 任意の場所のグラフィックスの大きさを変更する

描画ツール グラフィックスのプロパティを変更する

スタイルシートとカスタマイズ »

新規作成 スタイル付きのノートブック 特定のスタイルのノートブックを作成する

書式 スタイルシート ノートブックのスタイルシートを選択する

スタイル付き出力の作成

Style グラフィックスを含むあらゆる式のスタイルオプションを指定する

Large  ▪  Small  ▪  Red  ▪  Bold  ▪  Background  ▪  FontFamily  ▪  ...

レイアウトの作成 »

Row  ▪  Column  ▪  Multicolumn  ▪  Grid  ▪  TabView  ▪  Framed  ▪  Labeled  ▪  ...

動的スタイル設定 »

Tooltip  ▪  Mouseover  ▪  Hyperlink  ▪  DockedCells  ▪  CurrentValue  ▪  ...

ページレイアウトと印刷

印刷設定  ▪  改ページ位置の表示  ▪  ヘッダとフッタ

レベルスタイル制御

オプションインスペクタ フォーマットオプションとスタイルオプションにアクセスする

セルを式で表示 セルの表示を基底の記号形式に切り換える