数値データ

Wolfram言語では膨大な数値データが日常的に扱われる.強力な配列プリミティブにより,大規模配列操作において指定が簡単になり,非常に効率的になる.統合された最新鋭のアルゴリズム群により,幅広い高度なデータ解析が即座に利用可能となる.Wolfram言語の記号アーキテクチャにより,後の計算に利用できる形式での結果の表現において新しい柔軟性が生まれる.

参照項目参照項目

基本操作

Min  ▪  Max  ▪  Total  ▪  Accumulate  ▪  Differences  ▪  Ratios

Take  ▪  Count  ▪  Select  ▪  Sort  ▪  SortBy  ▪  Union  ▪  Tally

統計 »

Mean  ▪  Variance  ▪  Median  ▪  Quantile  ▪  Expectation  ▪  Covariance  ▪  ...

曲線のフィットと近時間数 »

FindFit  ▪  Fit  ▪  Interpolation  ▪  ...

変換と平滑化 »

Rescale  ▪  MovingAverage  ▪  ListConvolve  ▪  Fourier  ▪  ...

探索的データ解析 »

Histogram  ▪  BinCounts  ▪  FindClusters  ▪  Nearest  ▪  ...

統計モデル »

LinearModelFit  ▪  NonlinearModelFit  ▪  GeneralizedLinearModelFit  ▪  ...

表配置

Grid  ▪  Column  ▪  Row

データの可視化 »

ListPlot  ▪  ListPlot3D  ▪  ListContourPlot  ▪  ArrayPlot  ▪  ...

インポートとエキスポート »

Import  ▪  Export

"Table"  ▪  "CSV"  ▪  "TSV"  ▪  "XLS"  ▪  "HDF"  ▪  "HTML"  ▪  "GIF"  ▪  "WAV"  ▪  ...

損失データ

Missing  ▪  DeleteMissing