ベクトル操作

Wolfram言語ではベクトルはリストとして表され,列と行の区別を考える必要がない.Wolfram言語のベクトルには,いつでも数と任意のシンボルや代数的要素を混ぜることができる.Wolfram言語は最新鋭のアルゴリズムを使って,プラットフォームに最適化されたパフォーマンスで非常に長い密および疎なベクトルを処理する.

参照項目参照項目

ベクトルの構築

Table 式からベクトルを構築する

Array 関数からベクトルを構築する

ConstantArray 定数ベクトルを構築する

SparseArray 位置と値から疎なベクトルを構築する

ベクトルの要素

Length ベクトル中の要素の数

Part ベクトルの要素を抽出する()

Set ベクトルの要素を再設定す()

VectorQ 式がベクトルであるかどうかを判定する

数学的操作

+*^... 自動的に要素単位で行われる:

Dot (.) スカラーのドット積

Cross () ベクトルの外積(EsccrossEscと入力する)

Norm ベクトルのノルム

Total ベクトル中の要素の合計

Div 発散

Curl 任意の次元の回転

ベクトル空間の操作

VectorAngle 2つのベクトルの間の角度

UnitVector 座標方向に沿った単位ベクトル

Normalize ベクトルを単位長に正規化する

Projection あるベクトルの他のベクトル上の射影を求める

Orthogonalize グラム・シュミット(Gram-Schmidt)の直行基底を求める

KroneckerProduct クロネッカー(Kronecker)の外積

ベクトルの表示

RowColumn 行または列形式で表示する

Arrow グラフィック中の矢印を表す

ベクトル距離測定 »

EuclideanDistance  ▪  ManhattanDistance  ▪  ...

GradD 関数のベクトルとベクトルの関数の導関数

Thread 関数を強制的にリストに縫い込む

記号ベクトル

Indexed 記号指標が付けられたベクトルを表す