オプション管理

Wolfram言語には便利な記号オプションメカニズムが直接組み込まれており,名前付きパラメータの任意の列を組込みまたはユーザ定義関数に与えることができる.

参照項目参照項目

opt->val 値が即座に評価されるオプション

opt:>val 使われるときに値が評価されるオプション

関数のオプションの設定

SetOptions 関数のデフォルトのオプション値を設定する

OptionsPattern オプションの任意の列を表すパターン

OptionValue 関数の実行中にオプションの値を取り出す

FilterRules より長いリストから特定のオプションをフィルタする

Options オプション付き関数またはオブジェクトのオプションを取得する

AbsoluteOptions Automatic等として与えられているオプションの明示的な値を取得する

一般的なオプションの値

True  ▪  False  ▪  Automatic  ▪  All  ▪  None  ▪  Full  ▪  Inherited  ▪  Manual