並列計算の設定

Wolfram言語は標準的なシステムにおいて,並列計算のために自動的に基盤構造を設定し,並列計算に参加しているすべてのカーネルで定義を共有・同期するための種々のツールを提供する.

参照項目参照項目

計算と定義のブロードキャスト

ParallelEvaluate 全並列サブカーネルでひとつの式を評価する

DistributeDefinitions 全並列サブカーネルに定義を分配する

ParallelNeeds 同じパッケージを全並列サブカーネルにロードする

継続的に共有される変数と関数 »

SetSharedVariable サブカーネル間で値を共有するようにシンボルを設定する

SetSharedFunction サブカーネル間で下向きの値を共有するように関数を設定する

UnsetShared 変数または関数の共有を中止する

$SharedVariables  ▪  $SharedFunctions

低レベルカーネル設定

LaunchKernels サブカーネルを起動する

AbortKernels 全サブカーネルで実行中の計算を放棄する

CloseKernels 全サブカーネルを終了する

$KernelCount 現在実行中の並列サブカーネルの数

Kernels 現在実行中の並列サブカーネルのリスト

$KernelID 各並列サブカーネルに固有のID

$ConfiguredKernels 起動するカーネルのデフォルトのリスト