リストの並べ替えと再構築

Wolfram言語は,任意の構造・任意の要素のリストの並べ替えにおける高い柔軟性を数少ない関数に封じ込めている.

参照項目参照項目

Flatten ネストしたリストの任意のレベルの列をフラットにする

Partition リストまたはネストしたリストを部分リストに分割する

Join 任意のレベルでリストを結合する

Catenate リストのリストの要素を連結する

ArrayFlatten  ▪  ArrayReshape  ▪  FlattenAt  ▪  Sequence

Sort 辞書の順で,あるいは任意の比較関数を使ってソートする

SortBy 要素に適用された関数の値によってソートする

Reverse リストを任意のレベルで反転する

RotateLeftRotateRight 任意の深さでリストを循環的に回転する

Transpose 任意のレベルの集合を転置する

ArrayResample より高い,またはより低い解像度で配列のリサンプリングを行う

ArrayPad 両側に充填する

Riffle 追加の要素をちりばめる

PadLeftPadRight 任意の深さで特定の長さになるようにリストを充填する

Split 同じ要素ごとに分割する

Gather 同一要素の部分リストを集める

UnionTally リスト中のすべての別々の要素を列挙および集計する

DeleteDuplicates リストの重複する要素を削除する

DeleteDuplicatesBy 関数を適用すると得られる値が重複する要素を削除する

Tuples  ▪  Subsets  ▪  Permutations  ▪  RandomSample

SplitByGatherBy 要素に適用された関数の値に応じて分割する,集める

Union  ▪  Intersection  ▪  Complement

要素単位の操作 »

ReplacePart  ▪  Take  ▪  Drop  ▪  Append  ▪  AppendTo