サウンドと音声

Wolfram言語は,最新鋭のサウンド生成をサポートしており,関数とデータからの任意の波形の合成と,記号的な音調ベースのMIDIスタイルサウンド合成の両方を提供する.また,任意のテキスト,数式,プログラム,グラフィックスの音声表現への変換もサポートしている.

参照項目参照項目

Play 関数をサウンドの波形としてみなして再生する

ListPlay 振幅値のリストを再生する

サウンドプリミティブ

Sound 時間情報つきのサウンドラッパー

SoundNote 音楽的なサウンド調

SampledSoundList データのリストからのサンプルサウンド

SampledSoundFunction 関数をサンプリングして生成したサウンド

EmitSound 記号的に指定されたサウンドを発する

Beep ビープ音を生成する

式の音声表現

Speak Wolfram言語の任意の式の音声表現

SpokenString 式の音声表現のテキストを与える

ImportExport サウンドをインポート・エキスポートする

"MIDI" 音楽指向の音調形式

"WAV", "AU", "FLAC", ... サンプル化されたサウンド

SystemDialogInput コンピュータシステムを使って入力のためのサウンドを記録する

音声処理 »

Audio サンプリングされたサウンドを表したり処理したりする

AudioGenerator  ▪  AudioPitchShift  ▪  AudioLocalMeasurements  ▪  ...

信号処理 »

LowpassFilter サウンド信号を強調したり解析したりする

Spectrogram  ▪  BiquadraticFilterModel  ▪  Downsample  ▪  ...

Translate this page: