文字列処理

Wolfram言語には,数百万もの要素を持つ文字列を操作できるように最新で非常に効率のよいWolfram言語独自の記号文字列パターンを使うアルゴリズムが取り入れられている.

参照項目参照項目

StringJoin 文字列を結合する

StringSplit 文字列を空白文字または任意のパターンの位置で分割する

StringLength 文字列の長さ(Unicode 文字として)

StringTake  ▪  StringDrop  ▪  StringInsert

StringTrim 文字列から空白等を取り除く

StringPosition 部分文字列または文字列パターンの位置を求める

StringReplacePart 指定された位置の部分文字列を置換する

StringReverse 文字列中の文字の順序を逆にする

StringRotateLeft  ▪  StringRotateRight

StringReplace 部分文字列または文字列パターンを置換する

StringCases 文字列中の全文字パターンのリストを与える

StringCount 文字列パターンの発生回数を数える

StringFreeQ  ▪  StringMatchQ  ▪  StringReplaceList

Characters 文字列を文字に分解する

Hash 文字列のハッシュコードを計算する

ImportStringExportString 多くの形式の文字列を変換する

StringToStream 順番に読み込むように文字列を設定する

Read  ▪  Find  ▪  Skip  ▪  SetStreamPosition  ▪  ...

Pluralize 適切な場合に,単語を複数形で与える

文字列操作 »

SequenceAlignment  ▪  Nearest  ▪  FindClusters  ▪  DictionaryLookup  ▪  ...