記号的な実行履歴

Wolfram言語はデータ,プログラムだけでなく,プログラムの実行履歴も記号式として表すことができる.そして,それをWolfram言語の計算能力をフルに活用して表示したり,操作したり,分析したりすることが可能である.

参照項目参照項目

Trace いろいろな条件によりフィルタされた記号的な実行履歴を生成する

TracePrint 実行履歴の条件を満足した場合に出力する

TraceDialog 実行履歴の条件を満足した場合にダイアログに入力する

TraceScan 実行履歴の条件を満足した場合に任意の関数を適用する

Stack 完全なまたは一部フィルタされた記号的な現在の評価スタック

StackBegin  ▪  StackInhibit  ▪  StackComplete

Assert コードが実行されたときに確認するアサーションを与える