記号的なグラフィックス言語

Wolfram言語は,Wolfram言語の全標準関数で操作でき,テキスト,数式,表とシームレスに統合できる記号プリミティブから,すべての2D,3Dグラフィックスを構築するという強力な概念を用いる.記号的なグラフィックスは入力としても使え,動的にもインタラクティブにもできる.

代表的な例代表的な例 |

参照項目参照項目

GraphicsGraphics3D 2Dおよび3Dグラフィックスの全体的なラッパー

基本的な2Dおよび3Dオブジェクト »

Point  ▪  Line  ▪  Polygon  ▪  Text  ▪  Arrow

特別な2Dオブジェクト »

Disk  ▪  Circle  ▪  Rectangle  ▪  Raster

特別な3Dオブジェクト »

Sphere  ▪  Cuboid  ▪  Cylinder  ▪  Cone  ▪  Tube

地理学的可視化オブジェクト »

GeoPath  ▪  GeoDisk  ▪  GeoMarker  ▪  ...

指示子 »

Red  ▪  RGBColor  ▪  Blend  ▪  Opacity  ▪  Texture  ▪  Dashing  ▪  EdgeForm  ▪  ...

座標 »

Scaled  ▪  Offset  ▪  ImageScaled

変換 »

Rotate  ▪  Translate  ▪  Scale  ▪  AffineTransform  ▪  ...

複合的な構成 »

Inset  ▪  GraphicsGroup  ▪  GraphicsComplex  ▪  FilledCurve  ▪  GraphicsGrid  ▪  ...

動的要素 »

Dynamic  ▪  Locator  ▪  Tooltip  ▪  Annotation  ▪  Deploy  ▪  ...