スケジュールされたタスクの制御

Wolfram言語のスケジュールされたタスクを利用すると,任意の式を後で評価することができる.タスクは一度限りの評価,あるいは規則的な繰返し評価についてスケジュールすることができる.スケジュールされたタスクは単一のWolfram言語セッションにおいても,クラウド上で持続的にも使用できる.

参照項目参照項目

RunScheduledTask 時間指定付きの評価を行うためにローカルタスクをスケジュールし,実行する

CreateScheduledTask 時間指定付き評価を行うためにタスクを作成する

StartScheduledTask 前に作成されたタスクを開始する

StopScheduledTask タスクの実行を停止する

RemoveScheduledTask 前に作成されたタスクを削除する

ResetScheduledTask タスクパラメータをもとの,あるいは指定の設定に再設定する

ScheduledTask ラスクをクラウドに配備する

ScheduledTasks 作成したタスクのリストを与える

DocumentGenerator クラウドにドキュメントジェネレータを配備する

DocumentGenerators ドキュメントジェネレータのリストを与える

DocumentGeneratorInformation ドキュメントジェネレータの特性を取り出す

ScheduledTaskObject  ▪  $ScheduledTask

TimeConstrained  ▪  AbsoluteTiming  ▪  Timing  ▪  Pause  ▪  Refresh  ▪  Clock

SessionTime  ▪  AbsoluteTime  ▪  TimeUsed  ▪  $TimeUnit