三角関数

Wolfram言語は分岐を注意深く考慮した,幅広い厳密な,あるいは代数的変換を伴う三角関数を,効率的な任意精度の数値評価とともに複素平面全域でサポートしている.Wolfram言語は三角関数の引数にラジアンを使用する標準数学変換に従う.

参照項目参照項目

Sin  ▪  Cos  ▪  Tan  ▪  Csc  ▪  Sec  ▪  Cot

ArcSin  ▪  ArcCos  ▪  ArcTan  ▪  ArcCsc  ▪  ArcSec  ▪  ArcCot

Haversine  ▪  InverseHaversine

Degree (°) ラジアンから度に変換する定数

I () EsciiEsc(「imaginary(虚数) i」)と入力する

FromDMSDMSList ラジアンと度,分,秒形式の間の変換

FullSimplify 三角式を簡約する

FunctionExpand 代数形式またはより簡単な引数に簡約する

TrigExpand

TrigFactor Sin[..]+Sin[..]項の積等

TrigReduce

TrigToExpExpToTrig 三角関数と指数関数の間の変換

ComplexExpand 実部と虚部に展開する