変異形文字

数学タイプセットの詳細な表示と明確な表記のために,Wolfram言語には様々な変異形の文字が用意されている

参照項目参照項目

Mathematica 表記と2重文字

\[ImaginaryI] を表す の特殊形(EsciiEscと入力する)

\[ConstantC]  ▪  \[DifferentialD]  ▪  \[ExponentialE]  ▪  \[ImaginaryJ]

\[DoubledGamma]  ▪  \[DoubledPi]

特殊な文字に基づく形式

µ \[Micro]  ▪  \[Angstrom]  ▪  \[HBar]  ▪  \[WeierstrassP]

変形ギリシャ文字

ε \[CurlyEpsilon]  ▪  ϑ \[CurlyTheta]  ▪  ϰ \[CurlyKappa]  ▪  ϖ \[CurlyPi]  ▪  ϱ \[CurlyRho]  ▪  ς \[FinalSigma]  ▪  φ \[CurlyPhi]  ▪  ϒ \[CurlyCapitalUpsilon]

上付き点の除かれた文字

ı \[DotlessI] 上付き点の除かれた i で,ハットを付けて単位ベクトル等に使用する

\[DotlessJ]  ▪  \[ScriptDotlessI]  ▪  \[ScriptDotlessJ]