ビューアと注釈

Wolfram言語の動的インタラクティブシステムでは,どのようなオブジェクトでも動的に可視化したり,注釈を加えたりすることが容易である.Wolfram言語の記号的設計概念上ではコンストラクトは任意の方法でネスト化したり組み合せたりすることができ,コンテンツ,コントロールともに完全に動的かつプログラム的にすることが可能である.

参照項目参照項目

TabView オブジェクトの任意のリストがタブで選択できるようにする

SlideView オブジェクトの任意のリストをスライドの列として見る

FlipView 2つ以上のオブジェクトの表示を切り換える

MenuView  ▪  OpenerView  ▪  PopupView

Labeled 任意のオブジェクトに任意のラベルを関連付ける

Framed オブジェクトの周りに枠を付ける

Overlay 別のオブジェクトのオーバーレイとなっているオブジェクトを表示する

Panel パネルにオブジェクトを置く

Text  ▪  Style  ▪  Row  ▪  Column  ▪  Grid

Placeholder タイプする場所にラベルを付ける

Tooltip 任意のオブジェクトに任意のツールチップを付加する

Mouseover マウスがオブジェクトの上にきたときに何を表示するかを指定する

StatusArea ウィンドウステータスエリアに文字列を置く

PopupWindow 任意のコンテンツにポップアップウィンドウを付加する

Annotation オブジェクトに一般的な注釈を付加する

MouseAnnotation マウスが上にきたときにオブジェクトの注釈を返す

Monitor 計算の進行状況を監視する

Manipulate 一般的なインタラクティブ操作

ListAnimate グラフィックスやその他のオブジェクトのリストをアニメーション化する