Web形式

Wolfram言語では,カスケーディングスタイル,テンプレート,その他多くのオプションを持つ高度なWebコンテンツを自動的に作成することができる.Wolfram言語の記号的な設計概念により,プログラム的ツールによる任意のWeb構成を可能である.また,Wolfram言語ではWebコンテンツをインポートし,記号的な形式に変換したり,すぐに処理できるデータを抽出したりすることができる.

参照項目参照項目

"HTML" テンプレート,CSS等のオプションを持つHTML(.html, .htm)

"HTMLFragment" テンプレート,CSS等の多くのオプションを含むHTMlフラグメント(.html)

"XHTML" XMLシンタックスHTML (.xhtml)

グラフィックス形式

"GIF" 静的な,またはアニメーションGIF (.gif)

"JPEG" 品質レベルの設定が可能なJPEG (.jpeg, .jpg)

"SWF" Flashマルチメディア形式(.swf)

"X3D" X3D Web図形形式(.x3d)

音声形式 »

"AIFF"  ▪  "WAV"  ▪  "MIDI"  ▪  ...

"CDF" CDF(Computable Data Format,計算可能なドキュメント形式) (.cdf)

"MathML" MathML数学コンテンツ形式

"XHTMLMathML" MathMLが埋め込まれたXHTML

"PDF" Adobe PDF形式(.pdf)

"XML" 任意のXML

"JSON" JavaScriptデータ交換形式

"RSS" RSSフィード形(.rss)