How to | プロットの範囲外にテキストを加える方法

簡単な注釈としてであれ,出版品質のプロットを作成するためであれ,プロットの範囲外にテキストを加える機能は,ユーザのニーズに合せたプロットを作成するためにWolfram言語が提供する数多くのカスタマイズ機能の一つである.

ビデオからの例題のいくつかを以下に挙げる.

プロットやグラフィックスの外にテキストを加える場合は,プロットをクリックしてサイズ変更ハンドルを可視にする:

WindowsではCtrl+ドラッグ,Macintoshではcommand+ドラッグをそれぞれ使って,サイズ変更ハンドルをドラッグし,テキスト用のスペースを加える:

グラフィックスメニューから描画ツールを選んで,描画ツールパレットを開く:

描画ツールパレットでをクリックする:

テキストを加えることができることを示す小さな"T"が付いたカーソルが表示される.テキストを加えたい場所をクリックする:

テキストを入力する:

描画ツールパレットのツールを使って,矢印等のその他の注釈をグラフィックス上に描いて加えることもできる.