How to | プロットの照明を変更する方法

プロットの照明の方向と色を変えることによって,Wolfram言語における3Dグラフィックスの外観を改善することができる.Graphics3Dおよび関連関数のオプションであるLightingは,他の関数やオプションと組み合せることによって,カスタマイズされた高品質のグラフィックスを作成することができる.

オプションを何も設定しないで球体を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Lightingのデフォルト設定はAutomaticである:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Automaticの明示的な設定を下に示す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Lightingに設定して白色の光源を使う:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

の明示的な設定は以下の通りである:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

照明を消す:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

座標の点から青い光を当てる:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

2つの異なる点から青と緑の光を当てる:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

周辺光は全方向から適用される:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

1点から青い光を当てる:

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

2つの点で指定されたベクトルに沿って緑の光を当てる:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=

青色のスポットライトを原点の位置,オブジェクトにおける対象の位置,半角によって指定する:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=

3Dプロットにおいて照明を使う:

In[13]:=
Click for copyable input
Out[13]=
    

スポットライトの位置を変えてオブジェクトをさまざまな形で見せる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

球体上の照明の位置を操作する: