How to | JavaプログラムをWolfram言語に接続する方法

Wolfram言語は,数多くの外部プログラムに接続することができる.表現力豊かなWolfram言語言語を使って,その他のサポートされているプログラミング言語で読み書きすることができる.J/Link を使ってWolfram言語を完全にJavaプログラムに統合させることが可能である.

Javaプログラムにアクセスし始める前に,いくつかの初期設定を行う必要がある.

まず J/Link パッケージをロードする:

In[1]:=
Click for copyable input

InstallJavaは,Javaランタイム環境(Java Runtime Environment)を起動し,Wolfram言語にそれをインストールする関数である.Wolfram言語の一部ではJavaを内部的に使用するためJavaはほとんど常に実行されているが,一応チェックした方がよい:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

以下は,J/Link を使ってWolfram言語をJavaクラスに接続する方法である.

例えば,Javaフレームオブジェクトのインスタンスを作成する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

」演算子を使ってメソッドを呼び出すことができる.ウィンドウの大きさを200×200ピクセルに設定する:

In[4]:=
Click for copyable input

J/Link には自動的にJavaメソッドを呼び出す組込みのコマンドが含まれている.ウィンドウを表示する:

In[5]:=
Click for copyable input

JavaShow[obj]は以下のJavaの呼出しとほぼ同等である:

In[6]:=
Click for copyable input

静的メソッドと静的フィールドを「」演算子を使って参照することができる.ウィンドウを最小化する:

In[7]:=
Click for copyable input

FieldsあるいはMethodsを使って,あるクラスについてどのフィールドあるいはメソッドが使用できるかを調べることができる.

ウィンドウのアライメントに関連するフィールドをすべて表示する:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]//TableForm=

アンダースコア「_」はWolfram言語において特別の意味を持つので,アンダースコアを含む名前を参照する場合には代りに大文字の「U」を使う必要がある.

コードにアンダースコアが含まれるウィンドウの大きさを最大にしてみる.これはうまくいかない:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

アンダースコアの代りに「U」を使った適切な構文である:

In[10]:=
Click for copyable input

ウィンドウを閉じる:

In[11]:=
Click for copyable input