How to | リストを作成する方法

リストはWolfram言語において大変重要で一般的な構造である.リストを使うとさまざまな種類のオブジェクトの集合を単独の統一体として扱うことができる.リストを構築する方法は数多くある.

簡略表記を使ってリストを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

あるいはListを使う.これは自動的にに変更される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Rangeを1つの引数と一緒に使って1で始まる整数のリストを作成する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

あるいはRangeを2つの引数と一緒に使って,より高い値から始まる整数のリストを作成する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

3つの引数を使うとオフセットを1以外の値にすることができる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

以下はリストの各要素を平方する:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

あるいはTableを使って最初の10個の平方を作成する:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

Rangeと同様にTableもより高い値から始めたり,値を任意量でジャンプさせたりすることができる:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

NestListを使って,に0回から3回適用した結果のリストを作成する:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

Arrayを使って長さ4のリストを要素で作成する:

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

これは3×2配列を返す:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=

Listを使って文字列のリストを作成する:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=
    

Wolfram言語における行列はリストのリストである.

RandomIntegerを使って0から10の間のランダムな整数の4×4行列(として保存する)を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

MatrixFormを使ってを二次元行列として可視化する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//MatrixForm=
    

リストに関数を適用することが可能である.

リストに数学関数を直接適用することができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

数学関数をより深く適用させる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数の中には数字を結果として与えるものもある:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Lengthはリストの長さを与える:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

Mapを使って関数をリストの要素(数学関数では不要)に適用する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

以下ではMapを使ってLengthを各部分リストに適用する:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

同様にこれは各部分リストの最大値を求める:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=