How to | 基本的な計算を行う方法

Wolfram言語は,基本的な数学を行うための便利で拡張可能な環境である.Wolfram言語は高度な計算を行うだけでなく,任意精度を持つ強力な計算機としても使用することができる.

2つの数を足す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

数字を別の数から引く:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

」あるいはスペースを使って,2つの数を掛け合せる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

数と数,変数と変数,関数値と関数値の間のスペースは乗算であると解釈される.Wolframシステムは自動的に2と5の間のスペースを乗算記号で示す:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

2つの複素数を掛け合せる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

2つの数の割算を行う:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

Wolfram言語は,代数計算における通常の操作順序に従う:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

3の5乗を計算する:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

25の平方根を計算する:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
    

Wolfram言語は整数,実数,あるいは変数を厳密な形式で使って計算の結果を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Nを使って数値結果を得る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

数のいずれかに小数を加えると,数値結果を強制する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

以下は40桁の有効数字を表示する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
    

Nを使って の近似値を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

小数点50桁まで求める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

の50桁の有効数字を計算する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
    

よく知られよく使われる関数のほとんどがすでにWolfram言語に組み込まれている.

三角関数を評価する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

数の自然対数を評価する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

125番目の素数を求める:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

最初の10億個の正の整数の総和を求める:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
    

」を使って,変数に値を設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

の値を表示する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

を計算に使用する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

関数を定義する:

In[4]:=
Click for copyable input

上の関数を評価する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=