How to | スプレッドシートをエキスポートする方法

Wolfram言語からのデータをスプレッドシートにエキスポートしたい場合がある.ExcelはWolfram言語がサポートするよく使われるスプレッドシート形式の一つの例である.

ビデオからの例題のいくつかを以下に挙げる.

Tableを2つの変数と使って値の表(として保存される)を設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

データをスプレッドシートに現れるのと同じ状態で見るために,これをTableFormで表示する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//TableForm=

データを自分が指定するファイル名を持つExcel形式 ("XLS") でExportを使ってエキスポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ファイル拡張子を指定する場合は,形式を指定しなくてもよい:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

スプレッドシートは,Excelまたは互換性のあるその他のスプレッドシートプログラムを使ってファイルを開くことによって見ることができる:

スプレッドシートの行を列として表したい場合,またはその逆を行いたい場合には,Transposeを使うとよい:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

またWolfram言語では,データを単一のExcelファイルの複数の個別スプレッドシートにエキスポートすることもできる.

エキスポートするデータをさらに設定してそれをTableFormで表示する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]//TableForm=

リストにデータを置き,それを単一のExcelファイルの別々のスプレッドシートにエキスポートする:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

シートはデフォルトでそれぞれSheet1,Sheet2と名前を付けられる.シートの名前を指定することもできる:

In[17]:=
Click for copyable input
Out[17]=

Exportを使って転置されたデータを別々の名前付きシートに移動させる:

In[43]:=
Click for copyable input
Out[43]=