How to | 関連関数を見付ける方法

Wolfram言語を使用している際に,特定の分野やタスクに関連する関数のグループを見ることができると便利であることがよくある.ドキュメントセンターにはこのためにガイドページや関数ナビゲータが含まれている.

ビデオからの例題のいくつかを以下に挙げる.

「ドキュメントセンター」にある関連関数についての情報には数多くの方法でアクセスすることができる.その方法の一つにヘルプ Wolframドキュメントを選ぶ方法がある:

各関数ページの最後のセクションには,「ドキュメントセンター」にある関連ドキュメントへのリンクが掲載されている.

「関連項目」セクションには,現在参照中の関数(この場合はJoin)に関連する関数へのリンクがリストされている:

「チュートリアル」セクションには,現在参照中の関数に関連する機能についてのWolfram言語のチュートリアルへのリンクがリストされている:

「関連するガイド」セクションには,関連トピックについてのWolfram言語のガイドページへのリンクがリストされている:

関数ページの右上隅には,これらのリンクを含むドロップダウンメニューもある:

これらのセクションは関数ページに限らず,Wolframの「ドキュメントセンター」にあるほとんどのページに含まれているものである.

    

ガイドページには,似たような機能性を持つ関数ページへのリンクが含まれている.ここをクリックすると,「リスト操作」のガイドページを見ることができる(クリックすると,このページからは離れることに注意).関数ページと同じように,ガイドページにも関連のチュートリアルやガイドページへのリンクが各ページの最後に含まれている.

Wolframの「ドキュメントセンター」の検索結果にリストされるガイドページには,ファイル名の横にオレンジ色のアイコンが付いている.ここでは,「リスト操作」 のガイドページが表示されている:

機能カテゴリによってガイドページをブラウズする場合は,「ドキュメントセンター」のホームページを使えばよい.ホームページでカテゴリをクリックすると,そのカテゴリに属するガイドページを含むリストがドロップダウンメニューで表示される.ここでは,「データの操作」カテゴリがクリックされている: