How to | データをプロットする方法

Wolfram言語は,あらゆる種類のデータをさまざまな方法でプロットするための広範なサポートを提供する.

プロットするために以下のようなデータ(として保持される)を考える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ListPlotを使ってをプロットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

下に向かって充填してをプロットする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

データ点の色を指定しサイズを大きくする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

ListLinePlotを使ってデータ点を線で繋いだをプロットする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

プロットする別のデータ(として保持される):

In[6]:=
Click for copyable input

およびを一緒にプロットする:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

ListPolarPlotを使って極座標での点としをプロットする:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

プロットされる別のデータ(として保持される)を定義する:

In[9]:=
Click for copyable input

このデータには31のサブリストがある:

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

の特定部分のみをプロットする:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=

データ点を線で繋ぐ:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=

ListPointPlot3Dを使っての高さの値の配列から点の3D散布図を得る:

In[13]:=
Click for copyable input
Out[13]=

ListPlot3Dを使ってを曲面としてプロットする:

In[14]:=
Click for copyable input
Out[14]=

ListDensityPlotを使っての高さの値から密度プロットを生成する:

In[15]:=
Click for copyable input
Out[15]=

ListContourPlotを使って代りに等高線プロットを生成する:

In[16]:=
Click for copyable input
Out[16]=
    

データのプロット作成についてのデモンストレーションを作成する: