How to | 母平均の仮説を検定する方法

統計的分析では,母平均が基準値と著しく異なるかどうかを知る必要がある場合が多い.母分散が未知の場合,これは, 検定の一つの型である.Wolfram言語には,母平均の仮説検定を行うための関数がいくつか含まれている.

まず,サンプルのデータ集合を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

TTestを行う. これで検定の 値が母平均は9であるという帰無仮説とともに返される.デフォルトで,TTestは両側 値を返す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

平均が9よりも小さいという対立仮説のもとに,同じ検定で片側 値を得る:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

TTestを使って,2つの母平均の差が想定値と著しく違うかどうかを決定することもできる.この場合,帰無仮説は母平均が等しい(差が0)というものである:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

の母平均がの母平均よりも4大きいという帰無仮説で検定する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

検定はデータ集合の一対比較によっても行うことができる.これはペアごとの差にPairedTTestを使って行うことができる:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=