How to | ギリシャ文字を入力する方法

Wolfram言語にはギリシャ文字を記号の名前,文字列,グラフィックス,そしてテキストに組み入れることができる.ギリシャ文字は,パレットから,あるいはキーボードのショートカットを使って入力することが可能である.

This page requires that JavaScript be enabled in your browser.
Learn how »

ビデオからの例題のいくつかを以下に挙げる.

Wolfram言語で特殊文字を入力する方法には2つの方法がある.完全名あるいはそのエイリアスを使うことができる.

完全名を使ってギリシャ文字(あるいは任意文字)を入力する場合は,バックスラッシュと左角カッコをまず入力し,次に文字の名前を入力する:

Click for copyable input

右角カッコを入力して文字を完成させる.右角カッコを入力するとすぐに特殊文字が表示される:

Click for copyable input

以下では,ベータとガンマに対応するギリシャ文字も入力されている.すべてのWolfram言語の組込み関数と同様に,特殊文字の名前も大文字で始まることに注意する:

Click for copyable input

右角カッコを入力してガンマを入力し終える:

Click for copyable input

大文字のギリシャ文字を入力する場合には,接頭辞を使う.つまり,大文字のデルタを入力する場合は,以下のように入力して,右角カッコを最後に加える:

Click for copyable input
Click for copyable input

特殊文字を入力するもうひとつの方法はエイリアスを使う方法である.エイリアスは通常文字を入力するための短縮形で,これを使った方が便利であることが多い.

エイリアスを入力する場合は,EscaliasEscと押す.ここでaliasは、入力しようとしている文字の特定のエイリアスを表している.上の右角カッコと同じように,2つ目のEscキーを押すと,エイリアスが特殊文字として表示される.

Wolfram言語はEscキーを縦に並んだ3つの点として解釈する.以下は,アルファのエイリアスを入力したところで,まだ2つ目のEscキーが押されていない状態である:

Click for copyable input

ギリシャ文字のエイリアスは英語のアルファベットの文字である.したがって,アルファはEscaEsc,ベータはEscbEsc,ガンマはEscgEscと入力すればよい.以下は,ガンマのエイリアスを入力したところで,2つ目のEscキーがまだ押されていない状態である:

Click for copyable input

対応する大文字のギリシャ文字は,大文字のアルファをEscAEscと入力するように,大文字のエイリアスを使って入力できる.以下は大文字アルファのエイリアスを入力したところで,2つ目のEscキーがまだ押されていない状態である:

Click for copyable input

Wolfram言語のギリシャ文字は,HTMLの名前をエイリアスとして使って入力することもできる.したがって,「α」がアルファのHTMLコマンドだと知っていたら,EscαEscとタイプして大文字のアルファをWolfram言語で入力することができる.

アルファのHTMLエイリアスは入力されているが,2つ目のEscキーはまだ押されていない:

Click for copyable input

ギリシャ文字はすべて,特殊文字パレットにその完全名と主なエイリアスと一緒にリストされている.

パレットメニューから特殊文字パレットを開く:

文字の上にマウスを持ってくると,その文字をタイプするのに使えるエイリアスがツールチップで表示される:

また,文字をクリックしてパレットから直接入力することもできる.