How to | 簡略表記を使う方法

簡略表記はWolfram言語の豊かなシンタックスシステムの一部であり,複数の方法で関数に引数を与えることができるようにする.簡略表記を使用すると,コンパクトなコードを作成することに加えて,Wolfram言語における自分のワークフローをカスタマイズすることが可能になる.

Wolfram言語は関数を入力するための便利な方法をいくつか提供する.

例えば, Lengthを角カッコでくくったリストに使うと,リストの長さを得ることができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

」記号を関数とリストの間に使っても同じ操作が行える.「」を使うと,式の終りまで行って閉じる角カッコを付ける必要がない:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

また,後ろに付ける「」の表記を使うこともできる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

これらの表記法は,どのような関数ででも,そしてどのような種類の引数についても,使用できる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

2つの引数を取る関数に対しては中置記法も使用することができる:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
    

純関数はWolfram言語で大変よく使用される.純関数は,関数に明示的な名前を定義しなくても関数が使用できるようにする.Functionの簡略表記を使って純関数を与えることができる.

Functionを使って,入力を3乗する純関数を与える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

」および「」の記号を一緒に使って同じ操作を行うことができる.「」記号は変数のプレースホルダの働きをし,「」記号は関数の中で置換したい値の前に付ける:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
    

MapおよびApplyは,関数型プログラミングに欠かせないものである.これらの関数の簡略表記を使うと大変便利である.

Mapを使ってリストの要素に関数をマップする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

」を使っても同じ操作が行える:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Applyにも簡略表記「」が存在する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
    

Wolfram言語の簡略表記を組み合せて効率的なコードを作成することもできる.

MapおよびFunctionを使ってリストの各要素をベキ乗し,記号を結果に加える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

同じ操作をFunctionの簡略表記を使って行う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

これをさらに拡張し,Mapの簡略表記を含める:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
    

新しい計算で前の出力が必要になる場合がよくある.これはOutの簡略表記である「」記号を使って得ることができる.

計算を設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Outの簡略表記である「」記号を使って直前の出力を指定する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

」をPartの簡略表記であると一緒に使ってリストの最初の要素を取る:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

」を使って前の出力を指すことができる.2つ前の計算で生成された出力を得る:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

すぐ前ではない計算からの出力を得たい場合には,たくさんの「」記号を使わなくてはならないのでやっかいである.

代りに,特定の出力セル番号をOutと一緒に使う.このセルを評価すると,以下のように,現行のWolframシステムのセッションからOut[17]という出力が得られる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

以下のような簡略表記を使うこともできる:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

前の出力をラベルや簡略表記で参照することは便利ではあるが,現行の評価が常に前の出力に縛られるため,収拾の付かない状況に簡単に陥りかねない.このため,使用したい出力が確実に現行の計算で使用できるようにしなくてはならない.この表記を使用する際には注意する必要がある.

    

文字列操作関数の簡略表記を使って,文字列操作を簡略化することができる.

複数の文字列を一つにまとめる操作は,よく行われる文字列操作である.これはStringJoinを使って行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

StringJoinの簡略表記である「」を使ってこの同じ操作を以下のように書くこともできる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

StringExpressionは文字列を表すために使われる大変重要な関数である.これはStringReplaceStringCasesStringSplitStringMatchQ等の数多くの文字列操作関数で使われる.

StringExpressionを使って文字列式のオブジェクトを作成する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

あるいは,StringExpressionの簡略表記である「」を直接使う:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=