How to | ネストしたリストを操作する方法

ネストしたリストは,リスト内のリストである.これらはWolfram言語におけるデータの主要構造であり,行列のような一般的な使用だけでなく,高次元配列や不規則なデータ集合の使用も可能にする.

使用するリストのリストを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Wolfram言語における行列はネストしたリストとして表示される.それぞれの行が上のネストしたリストに対応していることに注意する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//MatrixForm=

Part関数の簡略表記であるを使って2行目を抽出する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

2行目から第3要素を抽出する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

各行から第3要素を抽出する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Flattenを使ってネストを取り除く:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

平坦化されたデータを列として表示する:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]//MatrixForm=

平坦化されたデータを行として表示するためにを加えて上と比較する:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]//MatrixForm=
    

ネストしたリストの個々のサブリストに対して,あるいはネストしたリスト全体に対して操作を行うことができる.

使用するデータを設定する:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]//MatrixForm=

ほとんどの関数は,ネストしたリスト内の各サブリストにマップする.

データ集合の行から4つのプロットを作成する:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=

ほとんどの記述統計学関数は列ごとに働きかける.

列の平均を取る:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=

リストを平坦化してすべての数の平均を得る:

In[13]:=
Click for copyable input
Out[13]=
    

2重にネストしたリストを作成する:

In[14]:=
Click for copyable input
Out[15]//MatrixForm=

これでMeanは,ネストした各サブリストごとの平均をリストする:

In[16]:=
Click for copyable input
Out[16]//MatrixForm=

Flattenを使ってデータ集合全体の平均を得る:

In[17]:=
Click for copyable input
Out[17]=