$DisplayFunction

$DisplayFunction
グラフィックス関数のオプションDisplayFunctionのデフォルト設定を与える.

詳細詳細

  • ノートブックフロントエンドとともに使っているWolframシステムでは,$DisplayFunctionの通常のデフォルト設定はIdentityである.
  • Wolfram言語カーネルが未加工のターミナルで実行されているとき,一般に$DisplayFunctionExportStringPrintを使うか,さもなければExportを使って外部の表示プログラムに送る.
1988年に導入
(1.0)
| 2007年に修正
(6.0)