$ScheduledTask

$ScheduledTask
スケジュールされたタスク内で,タスクのためのScheduledTaskObjectあるいはCloudObjectを返す.

詳細詳細

  • スケジュールされたタスク外で評価された場合,$ScheduledTaskNoneを与える.
  • $ScheduledTaskはタスク評価内のタスク(例えばパラメータを見るとかタスクを中止する等)を示すために使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (8)  (8)

実行中のスケジュールされたタスクオブジェクトを出力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

その時間指定を出力する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input

スケジュールされたタスクが不要となった場合にそれを自動的に取り除く:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input

待ち時間がランダムなタスクを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input

評価の終了と同時に再び評価を始めるタスクを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input

一回だけ実行され,実行後はそれ自身を削除するタスクを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

条件が満たされたときにそれ自身を削除するタスクを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

外部変数が変更されたときにそれ自身を削除するタスクを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

タスクが中止され削除されるようにする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

補助タスクを使って,スケジュールされたタスクを同期する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input

補助タスクが削除された:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

スケジュールされたすべてのタスクを中止する:

In[6]:=
Click for copyable input
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)