ActionMenu

ActionMenu[name,{lbl1:>act1,lbl2:>act2,}]
対応する項目が選ばれると式 を評価する というラベルの付いた項目を含む,というラベルの付いたアクションメニューを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • は,任意の式でよい.
  • ActionMenuは,デフォルトで スタイルで表示する.通常はシステムのメニューフォントが使われる.
  • ActionMenu[name,list]では,の要素としてDelimiterを使い,表示されたメニューの水平デリミタを指定することができる.
  • 次のオプションを与えることができる.
  • AppearanceAutomaticメニューの全体的な外観
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインと何を揃えるか
    BaseStyle{}メニューのベーススタイル指定
    ContentPaddingTrue余白をコンテンツの周囲ぎりぎりまで縮めるかどうか
    EnabledAutomaticメニューを有効にするか,灰色(無効)にするか
    EvaluatorAutomaticを評価するカーネル
    FieldSize{{1,50},{1,10}}メニュー項目のフィールドサイズ
    FrameMarginsAutomaticメニューの枠の中に残す余白
    ImageMargins0表示されたメニューの画像周囲の余白
    ImageSizeAutomatic表示されたメニューの全体的な画像サイズ
    MenuStyle{}メニュー項目のスタイル指定
    Method"Preemptive"使用する評価メソッド
  • Appearanceが取り得る値には次のようなものがある.
  • None編集を加えずに name だけを表示する
    Automatic特別のアクションメニュー形式で表示する(デフォルト)
    "PopupMenu"初期値を name とし,ポップアップメニューのように表示する
    "Button"ボタンのように表示する
  • Methodオプションの一般的な設定値には等がある.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに付加される.
2007年に導入
(6.0)
| 2010年に修正
(8.0)