AdjacencyGraph

AdjacencyGraph[amat]
隣接行列 amat のグラフを与える.

AdjacencyGraph[{v1,v2,},amat]
頂点 ,隣接行列 amat のグラフを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

予備知識
予備知識

  • AdjacencyGraphは,無向グラフあるいは有向グラフの隣接行列表現からグラフを作る. 隣接行列は,行と列がそれぞれグラフの頂点に当たり,要素 が頂点 から頂点 までの(有向)辺の数を表す非負の整数である正方行列である.対角項がある隣接行列は,自己ループを作る.
  • オプションDirectedEdges(可能な値はAutomaticTrueFalse)を使って有向グラフを作るか無向グラフを作るかを制御することができる.デフォルトで,AdjacencyGraphは,入力行列が対称行列の場合は無向グラフを,その他の場合は有向グラフを返す.
  • AdjacencyGraphGraphと同じオプション(EdgeStyleVertexStyleEdgeLabelsVertexLabelsGraphLayoutVertexCoordinates等)を取る.AdjacencyGraphはグラフの重みは考慮しないので,重み付きの隣接行列からグラフを構築する場合はWeightedAdjacencyGraphを使わなければならない.
  • AdjacencyListは,指定された頂点 に隣接する頂点のリスト,つまり隣接行列の i 番目の列(無向グラフの場合は i 番目の行)中の非零要素の位置のリストに相当するリストを返す.任意のグラフ(AdjacencyGraphによって構築されたグラフを含む)の隣接行列全体はAdjacencyMatrixで得ることができる.IncidenceGraphは,グラフの構築に,隣接行列の代りに指標行列表現を使う.
2010年に導入
(8.0)