Alignment

Alignment
表示されたオブジェクトのコンテンツを,オブジェクトの表示可能な範囲でどのように並べるかを指定するオプションである.

詳細詳細

  • 次の設定値を使うことができる.
  • Automatic環境に基づいたデフォルトの揃え方
    Left左揃え
    Right右揃え
    Top上端揃え
    Bottom下端揃え
    Baselineベースライン揃え
    Center中央揃え
    {h,v}水平と垂直の揃え方を別々に行う
    x(左)から(右)までの位置 x に揃える
    {x,y}からまでの水平位置 x と垂直位置 y で揃える
    "c"格子中の指定の文字に揃える
  • Alignment->CenterAlignment->{Center,Center}と等価である.
  • Alignment->{x,y}では,y の値の範囲は下端のから上端のまでになる.
  • Alignment->spec は,オブジェクトの spec 要素が,それを含むオブジェクトの spec 要素と整列するように指定する.
  • Alignment->Automaticの場合,オブジェクトのコンテンツの整列の仕方はそれを含むオブジェクトの整列の仕方に基づいて行われる.
  • GridColumnGraphicsGridのようなオブジェクトでは,Alignmentの設定値は個々の列,行,要素の並び方を指定するリストでもよい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

要素を格子の中心で揃える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Buttonの定義済みの異なる整列オプション:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

パネル内で式を揃える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)