AppearanceElements

AppearanceElements
Manipulateのような関数のオプションで,生成されたオブジェクトの表示形にどのような要素が含まれるべきかを指定する.

詳細詳細

  • AppearanceElements->{"elem1","elem2",}は,要素が与えられた順序で含まれるように指定する.
  • 異なるタイプのオブジェクトは異なる可能な外見要素をサポートする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

Manipulateのすべての要素を表示する:

何も表示しない:

2007年に導入
(6.0)