AppellF1

AppellF1[a,b1,b2,c,x,y]
二変数のアッペル(Appell)超幾何関数 である.

詳細詳細

  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学関数である.
  • は級数展開,を有する.
  • またはのとき,に簡約される.
  • ある種の特別な引数の場合,AppellF1は自動的に厳密値に評価される.
  • AppellF1は任意の数値精度で評価できる.
  • AppellF1[a,b1,b2,c,x,y]は,二変数複素空間でRe(x)=1およびRe(y)=1を満たす特異線を有し, および からに伸びるレイに沿って不連続な分枝切断線を有する.
  • FullSimplifyおよびFunctionExpandAppellF1の変換規則を含んでいる.
1999年に導入
(4.0)