ArcTan

ArcTan[z]
複素数 の逆正接を与える.

ArcTan[x,y]
どの象限に点があるかを考慮し, の逆正接を与える.

詳細詳細

  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学関数である.
  • 答はラジアンで求まる.
  • が実数のとき,答は必ずの範囲にある.
  • ある種の特別な引数については,ArcTanは自動的に厳密値に評価される.
  • ArcTanは任意の数値精度で評価できる.
  • ArcTanは自動的にリストに関数の並列的な適用を行う.
  • ArcTan[z]は,複素 平面上, そしての範囲で不連続な分枝切断線を持つ.
  • または が複素数のとき,ArcTan[x,y]は,を意味する.のときにArcTan[x,y]は,および を満たす数 を見出す.

予備知識
予備知識

  • ArcTanは,逆正接関数である.実数 x については,ArcTan[x]は, となるラジアン角度測定値を表す.2つの引数を取る形式であるArcTan[x,y]は,点がある象限を考慮に入れて, の逆正接を表す.このため,正の 軸から測定された点の角度位置(ラジアンで表される)を返す.ArcTanは,直交座標系から極座標系に変換する場合に,またフェーザ表記 x+ⅈ y=TemplateBox[{z}, Abs]ⅇ^(ⅈ phi)の位相 を求める場合に,便利である.
  • ArcTanは,自動的にリストに縫い込まれる.ある種の特別な厳密値の引数については,ArcTanを評価すると厳密値になる.引数として厳密な数式が与えられている場合には,ArcTanは任意の数値精度に評価してもよい.ArcTanを含む記号式の操作に有効な関数には,FunctionExpandTrigToExpTrigExpandSimplifyFullSimplifyがある.
  • ArcTanは,複素引数 については,を通して定義される.
  • ArcTan[z]は,複素 平面上に不連続な分枝切断線を持つ.関連する数学関数には,ArgTanArcCotArcTanhGudermannianがある.
1988年に導入
(1.0)