Array

Array[f,n]
を要素とする長さ のリストを作成する.

Array[f,n,r]
指標原点 r を使ってリストを生成する.

Array[f,n,{a,b}]
a から b までの n 個の値を使ってリストを生成する.

Array[f,{n1,n2,}]
を要素とする長さ ××にネストしたリストの配列を作成する.

Array[f,{n1,n2,},{r1,r2,}]
指定された指標 を始点として(デフォルト値は)リストを作成する.

Array[f,{n1,n2,},{{a1,b1},{a2,b2},}]
から までの 個の値を使ってリストを生成する.

Array[f,dims,origin,h]
配列の各レベルでListの代りに頭部を使用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

3×2配列を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3×4配列を生成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

の代りにを指標の始点とする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

の代りに指標で始める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

からまでのサンプル:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

の範囲を使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1988年に導入
(1.0)
| 2012年に修正
(9.0)