ArrayPlot

ArrayPlot[array]
配列の値が正方形の離散的な配列として示されるプロットを生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ArrayPlot[array]は,グリッドや表における通常の整列と同じように,デフォルトで array の連続する行をページの下に向かって整列し,連続する列は横方向に整列する. »
  • array が0と1を含んでいるとき,1は黒い正方形として,0は白い正方形として表示される.
  • ArrayPlotはデフォルトにより,グレースケールで出力を生成する.値ゼロが白になり,正または負の最大値が黒になる. »
  • PlotRangeの明示的な設定があると,ArrayPlotはデフォルトで最低値を白く,最大値を黒くする.
  • array 中の値は,関連する単位が付いた数量でよい.
  • 次の特別入力を使うことができる. »
  • None背景色
    色指示子指定色
  • array が不揃いの場合,短い行は右端を背景色で充填されたものとして扱われる. »
  • ArrayPlotGraphicsと同じオプションに以下の追加・修正を加えたオプションを使うことができる.
  • AspectRatioAutomatic縦横比
    ClippingStyleNone値が切り取られているセルをどのように表示するか
    ColorFunctionAutomatic各セルをどのように彩色するか
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    ColorRulesAutomatic値から色を決定する規則
    DataRangeAll仮定すべき の値の範囲
    DataReversedFalse行の順序を逆にするかどうか
    FrameAutomaticプロットの周囲に枠を描くかどうか
    FrameLabelNone行と列のラベル
    FrameTicksNone枠に入れる目盛
    MaxPlotPointsInfinity含める点の最大数
    MeshFalseメッシュを描くかどうか
    MeshStyleGrayLevel[GoldenRatio-1]メッシュに使用するスタイル
    PixelConstrainedFalseセルが画素で整列するようにどのように制限するか
    PlotLegendsNoneデ-タ集合の凡例
    PlotRangeAllプロットする値の範囲
    PlotTheme$PlotThemeプロットの全体的なテーマ
    TargetUnitsAutomaticプロット中に表示する単位
  • ColorRulesで与えられる規則は,各セルの値 に適用される.この規則はパターンを含んでいてもよい. »
  • ColorRulesの規則がどれも適用されなければColorFunctionは色の決定に使われる.
  • デフォルト設定のColorRules->Automaticでは,ColorRulesの代りに明示的な設定のColorFunction->f が使われる.
  • ColorFunctionScaling->Falseでは,ColorFunctionに与えられた任意の関数に,引数として各値 が渡される. »
  • ColorFunctionScaling->Trueでは,値は0と1の間に来るようにスケールされる. »
  • あるセルに指定された色がNoneの場合,そのセルは背景色で描画される.
  • あるセルに色が指定されていない場合,そのセルはデフォルトの暗赤色で描画される.
  • DataReversed->Trueの場合,行の順序は逆にされ,最終行が一番上になるように下から上に並べられる.
  • FrameTicks->Automaticの設定のとき,目盛は一般に5や10の倍数の整数に四捨五入したところに付けられる. »
  • FrameTicks->Allの設定のとき,目盛は最小と最大の の位置にも付けれられる. »
  • 明示的なFrameTicks指定では,目盛座標が を参照するものとされる.
  • DataReversed->Trueの場合,目盛の値は上から下に向けて小さくなっていく.
  • PlotRange->amax では,0から までの間にある のみが表示される. »
  • PlotRange->{amin,amax}では,から までの間にある だけが表示される.
  • PlotRange->{{imin,imax},{jmin,jmax}}は,指定範囲にある を持った要素のみを表示する.左上の要素は , である.デフォルト設定のDataReversed->Falseでは,ページの下に向かうに従って が増加し,右方向には が増加する.
  • PlotRange->{ispec,jspec,aspec}では,指定範囲にある の要素と値だけが表示される. »
  • ColorFunctionのデフォルト設定のPlotRange->{amin,amax}は,から への値が白から黒へのグレースケールで表示されるように指定する.
  • Mesh->Trueは配列の各セル間にメッシュを描く.
  • Mesh->{mi,mj}は, の方向にそれぞれメッシュ指定を行う.
  • デフォルト設定のFrame->Automaticでは,Mesh->Falseの場合にのみフレームが描かれる.
  • 他のグラフィックスと組み合せるために,配列要素 は座標 , の位置を中心とする単位正方形を覆うと解釈される.
  • DataRange->{{xmin,xmax},{ymin,ymax}}は,連続するセルの中心を水平方向で の間に,また垂直方向では の間に等間隔で置くように指定する.デフォルト設定のDataReversed->Falseでは,の中心はに置かれる.
  • デフォルト設定のDataRange->AllDataReversed->Falseのとき,配列要素 は座標位置 , を中心とする単位正方形をカバーするものとされる.
  • ArrayPlotGraphics[Raster[data],opts]を返す.
  • PixelConstrained->Trueのとき,ArrayPlotはセルを画素で整列させる絶対サイズでRasterを生成するので,各セルは横に整数分になるか,あるいは各画素が横に並んだ整数分のセルになる.各セルはImageSizeの設定で指定されたできるだけ大きいものであると解釈される. »
  • ArrayPlotSparseArrayオブジェクトと一緒に使うことができる. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (6)  (6)

数の配列をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

明示的な色指示子で個々のセルの色を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

全体的な色の規則を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

メッシュを含める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

表データをプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

色関数として標準ブレンドを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2004年に導入
(5.1)
| 2014年に修正
(10.0)