Assumptions

Assumptions
SimplifyRefineIntegrate等の関数のオプションとして使われ,記号的量についての仮定を指定する.

詳細詳細

  • 一般的なデフォルト設定はAssumptions:>$Assumptionsである.
  • 仮定の指定には等式,不等式,領域指定,リスト,あるいはこれらの論理結合が使える.
  • Assuming$AssumptionsAssumptionsオプションのデフォルト値を修飾する.
  • 例えば,x を実変数として扱う,との仮定を設定するには,xRealsと指定する.
  • 不等式中に代数的に現れる数量は,常に実数であると推定される.
1996年に導入
(3.0)
| 2003年に修正
(5.0)