BarnesG

BarnesG[z]
バルネス(Barnes)のG関数 を与える.

詳細詳細

  • BarnesGは二重ガンマ関数としても知られている.
  • 記号操作・数値操作の両方に適した数学関数である.
  • バルネスのG関数は,正の整数 については G(n)=product_(k=1)^nTemplateBox[{k}, Gamma] と定義され,その他の場合は TemplateBox[{z}, BarnesG]=(2 pi)^(z/2) exp((z-1) (TemplateBox[{z}, LogGamma]-z/2)-TemplateBox[{{-, 2}, z}, PolyGamma2])と定義される.
  • バルネスのG関数は を満足する.
  • BarnesGは任意の数値精度で評価できる.
  • BarnesGは自動的にリストに縫い込まれる.
2008年に導入
(7.0)