BinaryImageQ

BinaryImageQ[image]
image がバイナリ画像のImageあるいはImage3D形式のときはTrueを,その他の場合はFalseを返す.

詳細詳細

  • BinaryImageQ[image]imageタイプで,単一のチャンネル値のみを有していることを確認する.

予備知識
予備知識

  • BinaryImageQは,2Dあるいは3Dの画像がバイナリデータからなる場合にはTrueを,その他の場合にはFalseを返す画像検定関数である.すなわち,BinaryImageQは,ImageType の単一チャンネル画像についてのみTrueを返す.このためBinaryImageQは,(黒)と(白)だけの可能な画素値を想定するバイナリ(つまり2レベル)を,さまざまなデータタイプとチャンネル数からなる画像から区別するのに便利である.
  • 「白黒」,「モノクロ」といった用語は,時おりバイナリ画像を言及する場合に使われるが,グレースケールの画像を指すことの方が多いことに注意する必要がある.
  • BinaryImageQは,実際のデータ値を調べるわけではない.したがって,タイプの画像は0と1しか含まない場合もあるが,この画像は「バイナリ」画像とは判断されず,BinaryImageQFalseを返す.BinaryImageQは,BinarizeMorphologicalBinarizeRegionBinarize等のバイナリセグメンテーション関数の出力にはTrueを返す.これは,これらの関数がすべてバイナリ画像を返すからである.
  • ImageあるいはImage3Dの構造についての詳細は,関数ImageChannelsImageTypeを使って得ることができる.式は,ImageQを使って,これが画像であるかどうかを検定することができる.画像のコンテンツは,ImageDataによって返される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

画像がバイナリ画像かどうか調べる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データタイプがである単一チャンネルの画像はバイナリ画像である:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Imageはデフォルトでタイプの画像を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3D画像がバイナリ画像かどうか調べる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)
| 2012年に修正
(9.0)