BinaryReadList

BinaryReadList["file"]
ファイルに残っているすべてのバイトを読み出し,それらを0から255の整数のリストとして返す.

BinaryReadList["file",type]
ファイルの最後に至るまで,ファイルから指定の型のオブジェクトを読み出す.読まれたオブジェクトのリストが返される.

BinaryReadList["file",{type1,type2,}]
ファイルの最後に至るまで,一連の型のオブジェクトを読み出す.

BinaryReadList["file",types,n]
指定の型の最初の個のオブジェクトだけを読み出す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • BinaryReadListBinaryReadと同じ型のオプションをサポートする.
  • file がまだ開かれていない場合は,BinaryReadListがこれを開き,読み終るとこれを閉じる.ファイルがすでに開かれていたときは,BinaryReadListが最後に閉じることはない.
  • BinaryReadList["file",{type1,}]は一連のを順に読む.列の途中でファイルの終りになった場合は読まれなかった列の要素の代りにEndOfFileが返される.
  • BinaryReadList["!command",]はパイプから読む.
  • BinaryReadList[stream]OpenReadによってBinaryFormat->Trueで返されたような開かれた入力ストリームから読む.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

一連のバイトでファイルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input

ファイル中のすべてのデータを読む:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

データを一連のタイプのオブジェクトとして読む:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
2004年に導入
(5.1)