BinaryWrite

BinaryWrite[channel,b]
0から255までの整数として指定された1バイトのデータを書き出す.

BinaryWrite[channel,{b1,b2,}]
一連のバイトを書き出す.

BinaryWrite[channel,"string"]
文字列中の文字をそのままの順序で書き出す.

BinaryWrite[channel,x,type]
指定の型のオブジェクトを書き出す.

BinaryWrite[channel,{x1,x2,},type]
指定の方の一連のオブジェクトを書き出す.

BinaryWrite[channel,{x1,x2,},{type1,type2,}]
一連の型の一連のオブジェクトを書き出す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • BinaryWriteBinaryReadと同じ型をサポートする.
  • BinaryWriteが使う出力チャンネルは単一のファイル,パイプあるいはそれらのリストで,そのひとつひとつが名前を与える文字列か,BinaryFormat->Trueで開かれたOutputStreamオブジェクトで指定される.
  • 指定されたファイルやパイプのいずれかがまだ開かれていない場合は,BinaryWriteOpenWriteを呼んで開く.
  • BinaryWriteは書き込み終ってもファイルやパイプを閉じはしない.
  • 型のリストが与えられると,そのリストは必要なだけ何回も繰り返される.
  • 使用可能なオプション
  • ByteOrdering$ByteOrdering使用するバイト順
  • BinaryWrite[channel,"string"]中のすべての文字が文字コードが0から255の範囲になるようにの型を使用する.
  • 指定された型にマッチしないデータ要素に遭遇すると,BinaryWrite$Failedを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

一連のバイトでファイルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input

ストリームを閉じる:

In[3]:=
Click for copyable input

ファイルから最初のバイトを読む:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

ストリームを閉じる:

In[7]:=
Click for copyable input
2004年に導入
(5.1)