BooleanFunction

BooleanFunction[k,n]
変数が n 個である k 次のブール関数を表す.

BooleanFunction[values]
真理値の指定されたベクトルに対応するブール関数を表す.

BooleanFunction[{{i11,i12,}o1,}]
入力から出力への指定されたマッピングで定義されるブール関数を表す.

BooleanFunction[spec,{a1,a2,}]
spec で指定されたブール関数に対応する変数 のブール式を返す.

BooleanFunction[spec,{a1,a2,},form]
form で指定された形式のブール式を返す.

詳細詳細

  • BooleanFunction[spec]は,Functionのように働くブール関数オブジェクトを返す.
  • BooleanFunction[spec][a1,a2,]は明示的ブール式BooleanFunction[spec,{a1,a2,}]と等価の暗示的表現を返す.
  • BooleanConvertBooleanFunction[spec][vars]を明示的ブール式に変換する.
  • BooleanFunction[values]等では,値はTrueまたはFalseあるいはまたはのどちらかで指定することができる.
  • BooleanFunctionで表される関数は常にTrueまたはFalseを返す.
  • BooleanFunction[values]では,値は, で始まるバイナリ順で指定される.
  • BooleanFunction[k,n]BooleanFunction[IntegerDigits[k,2,2^n]]と等価である.
  • BooleanFunction[values]において,各値はベクトル値を持つブール関数を表すリストでもよい.
  • BooleanFunction[{{i11,i12,}->o1,}]において,はベクトル値を持つブール関数を表すリストでもよい.
  • 入出力両方の要素を,TrueまたはFalseあるいはまたはのどちらかで指定することができる.
  • 入出力両方の要素に「無関係」を表すの任意の数を入れることができる.
  • 入出力両方の要素に連続する「無関係」を表す最高で1個のを入れることができる.
  • BooleanFunction[spec,{a1,a2,},form]では,可能な形式はBooleanConvertで与えられる.
  • BooleanFunction[spec,{a1,a2,}]は,デフォルトで式を加法標準形(disjunctive normal form, DNF)で与える.
  • BooleanFunction[k]は,変数が n 個の k 次のブール関数を返す.ただし,nである最小の値を持つ.
  • BooleanFunction[k,]内のブール関数の付番方式はCellularAutomatonにおけるそれに等しい.
  • BooleanMinimizeBooleanTable等の操作はBooleanFunctionオブジェクトに直接行うことができる.
  • BooleanFunctionオブジェクトは,AndOr等の他のブール関数と同じように変数に適用することができる.
  • StandardFormおよびその関連形式では,BooleanFunctionオブジェクトは変数の数だけが表示された省略形で出力される.
  • BooleanVariablesBooleanFunctionオブジェクトの変数の数を返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

引数が3個の30次のブール関数を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

f を他のブール演算子と同じよう使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

選言標準形の式に変換する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

式を直接生成する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

真理規則の表に基づいてブール関数を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

不完全に指定された真理値表を使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ブール式をBooleanFunctionに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

これらが同じ関数を表しているかどうかテストする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2008年に導入
(7.0)