BoxWhiskerChart

BoxWhiskerChart[{x1,x2,}]
の箱ひげ図を作成する.

BoxWhiskerChart[{x1,x2,},bwspec]
記号指定 bwspec による箱ひげ図を作成する.

BoxWhiskerChart[{data1,data2,},]
の記号による箱ひげ図を作成する.

BoxWhiskerChart[{{data1,data2,},},]
複数のデータ集合から箱ひげ図を作成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • BoxWhiskerChartは各 中の値の分布の概要を表す箱ひげ図を作成する.
  • 使用可能な箱ひげ指定 bwspec
  • "Notched"信頼区間中央値のノッチ
    "Outliers"外れ値マーカー
    "Median"中央値マーカー
    "Basic"箱ひげのみ
    "Mean"平均値マーカー
    "Diamond"信頼区間平均のダイヤモンド
    {{elem1,val11,},}箱ひげ要素指定
    {"name",{elem1,val11,},}要素変更を含む名前付き bwspec
  • 要素と値
  • {"Fences",width,style}フェンスの幅とスタイル
    {"MeanDiamond",width,style}平均の信頼区間の幅とスタイル
    {"MeanMarker",width,style}平均マーカーラインの幅とスタイル
    {"MedianNotch",width,style}中央値の信頼区間の幅とスタイル
    {"MedianMarker",width,style}中央値マーカーラインの幅とスタイル
    {"Outliers",marker,style}外れ値のマーカー記号とスタイル
    {"FarOutliers",marker,style}極端な外れ値のマーカー記号とスタイル
    {"Whiskers",style}ひげのスタイル
  • width は箱の幅との割合で与えられる.marker には任意の式が使える.
  • BoxWhiskerChartのデータ要素の形式
  • datai純粋なデータ集合
    Quantity[datai,unit]単位が付いたデータ
    wi[datai,]ラッパー のあるデータ
    formi->miメタデータ を含むデータ
  • は実数のリストでなければならない.実数ではない要素 は欠測値とみなされ,除外される.が実数のリストでない場合は欠測値とみなされ,一般に箱ひげ図では欠落部として表示される.
  • BoxWhiskerChartのデータ集合は,次の形式で与えることができる.
  • {data1,data2,}ラッパーがある/ない要素リスト
    <|k1data1,k2data2,|>キーとデータ集合の連想
    TimeSeries[],EventSeries[],TemporalData[]時系列.事象系列,一時データ
    WeightedData[],EventData[]拡張データ集合
    w[{data1,data2,},]グループ化されたデータ集合にラッパーを適用
    w[{{data1,data1,},},]グループ化されたすべてのデータ集合にラッパーを適用
  • 使用可能な記号ラッパーはBarChartで使われるものに等しく,StyleLabeledLegended等がある.
  • BoxWhiskerChartでのLabeledPlacedの可能な位置
  • Top,Bottom,Left,Right,Centerボックス内の位置
    Above, Below, Before, Afterボックスや他の要素の外の位置
    Axis棒の始点の座標軸上
    "LowerFence","LowerQuartile","MedianMarker","MeanMarker","UpperQuartile","UpperFence"箱ひげ要素で与えられる位置
    {{bx,by},{lx,ly}}箱ひげ要素のスケールされた位置にあるラベル内のスケールされた位置
  • BoxWhiskerChartにはGraphicsと同じオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • AspectRatio1/GoldenRatio全体的な縦横比
    BarOriginBottom箱ひげの最小値をどこに置くか
    BarSpacingAutomatic箱ひげ間のスペースの割合
    ChartBaseStyleAutomatic箱ひげの全体的なスタイル
    ChartElementFunctionAutomatic箱に使う生のグラフィックスをどのように生成するか
    ChartLabelsNoneデータ要素とデータ集合のラベル
    ChartLegendsNoneデータ要素とデータ集合の凡例
    ChartStyleAutomatic箱のスタイル
    FrameTrueグラフの周囲に枠を描くかどうか
    JoinedFalse中央値を繋ぐかどうか
    LabelingFunctionAutomatic箱ひげ要素にどのようにラベルを付けるか
    LegendAppearanceAutomatic凡例の全体的な外観
    MethodAutomatic使用するメソッド
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようと試みるパフォーマンスの局面
    PlotTheme$PlotThemeグラフの全体的なテーマ
    ScalingFunctionsNone個々の座標をどのようにスケールするか
    TargetUnitsAutomaticグラフ内に表示する単位
  • ChartElementFunctionに渡される引数は,データ集合のネストしたリストの各レベルからの箱の領域,データ ,メタデータ である.
  • ChartElementFunctionの組込み設定値のリストはから得ることができる.
  • ScalingFunctions->s とすると,データ座標は s を使ってスケールされる.
  • BoxWhiskerChartのオプションおよびその他の構造からのスタイルその他の指定は,事実上ChartStyleStyleその他のラッパー,ChartElementFunctionの順に適用され,後の指定が先の指定に優先する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (6)  (6)

データベクトルの箱ひげ図を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

データベクトルのリストから箱ひげ図を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

複数のデータ集合を箱ひげ図にする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

箱ひげ図の外見をカスタマイズする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

外れ値を示す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

カテゴリのラベルを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

カテゴリの凡例:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

外れ値を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

信頼区間の中央値にノッチを入れる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)