Cancel

Cancel[expr]
の分子と分母の共通因子を約分する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Cancelは分子と分母の最大公約数を約分する.
  • Cancel[expr,Modulus->p]は,p を法とする結果を生成する.
  • Cancel[expr,Extension->Automatic]を使うと,式 expr 中の代数的数に対して演算が行われる.
  • Cancel[expr,Trig->True]は,三角関数を指数表現の有理関数として取り扱い,これに準じて操作される.
  • Cancelは,方程式,不等式,論理関数と同様に,自動的にリストにも縫い込まれる.
1988年に導入
(1.0)
| 2007年に修正
(6.0)