CellBracketOptions

CellBracketOptions
セルブラケットの設定を指定するセルオプションである.

詳細詳細

  • 典型的な用法はCellBracketOptions->{opt1->val1,opt2->val2,}である.
  • 以下のサブオプションの設定が可能である.
  • "Color"RGBColor[.54, .55, .79]セルブラケットの色
    "HoverColor"RGBColor[.54, .55, .79]マウスが上に来たときのセルブラケットの色
    "Margins"{0, 2}セルブラケットの周囲のマージンの幅
    "OverlapContent"Automaticセルのコンテンツがセルブラケットに重なってもよいかどうか
    "Thickness"1セルブラケットの太さ
    "Widths"{0, 7}セルブラケットの幅
  • "Thickness"は,プリンタポイントで指定される.72ポイントは1インチと等しい.デフォルト設定は "Thickness"->1である.
  • 色は,オプションの右に表示される四角をクリックすると開く色ダイアログボックスを使って指定される.RGBColorGrayLevelHueCMYKColorのいずれかの形式で設定できる.
  • "Margins"->{left,right}は,セルブラケットの左右のマージンサイズを指定する.値はプリンタポイントで与えられる.72ポイントは1インチと等しい.
  • "Widths"->{left,right}は,セルブラケットの幅を指定する.値はプリンタポイントで与えられる.72ポイントは1インチと等しい.
  • "OverlapContent"は,セルのコンテンツがセルブラケットに割当てられた範囲に重なってもよいかどうかを決定する.
  • "OverlapContent"->Trueとすると,ShowCellBracket->Falseでセルブラケットは描画しない設定になっている場合でも,セルブラケットに割り当てられた範囲は空白で残される.ShowCellBracket->Falseの場合には,AutomaticFalseに等しく,その他の場合はTrueに等しい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

CellBracketOptionsオプションの値が太く幅が広く赤いセルブラケットを与えるために使われている:

In[1]:=
Click for copyable input

CellBracketOptionsオプションの値における"HoverColor"の効果は,マウスポインタを各セルブラケット上に置くと見ることができる:

In[2]:=
Click for copyable input

CellBracketOptionsオプションの値で"Margins"の設定を3つのセルで別々にする."Margins"の設定はセルブラッケットの周りの余白の幅を制御する:

In[3]:=
Click for copyable input

次の設定は,"OverlapContent" Falseのセルに続いて"OverlapContent" Trueのセルを置く.CellBracketOptionsオプションの値の中の"OverlapContent"の設定は,セルのコンテンツとセルブラケットが重なってもいいかどうかを制御する:

In[4]:=
Click for copyable input

ノートブックのCellBracketOptionsオプションの値を変えると,ノートブック中のすべてのセルのCellBracketOptionsオプションのデフォルト値が変わる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

このため,すでに低レベルの指定があるセル以外のセルは,太く赤いセルブラケットで表示されるようになる:

In[6]:=
Click for copyable input

選択したノートブックのCellBracketOptionsオプションをもとの値に戻す:

In[7]:=
Click for copyable input
1999年に導入
(4.0)