ChartElements

ChartElements
BarChart等のグラフ関数のオプションで,棒その他のグラフ要素のもとになるグラフィックスを指定する.

詳細詳細

  • グラフの要素は任意のGraphicsオブジェクト,Graphics3Dオブジェクト,あるいはImageオブジェクトに基づかせることができる.
  • 各グラフ要素の最終的な描画形式は,必要な形あるいは範囲を埋めるようにもとになっているオブジェクトを反復したり引き延ばしたりして得られる.
  • ChartElementsの使用可能な設定値
  • Noneグラフの要素は空のままにする
    Automatic現行のデフォルトグラフィックスを使う
    gg の複写でグラフ要素を満たす
    {g,All}単一の g をグラフ要素を満たすように引き延ばす
    {g,{w,h}}w,高さ h にした g の複写を使う
    {g1,g2,}各データ集合の i 番目の要素に を使う
    {spec1,spec2,}データの異なる次元に異なる指定を使う
  • 形式のグラフ要素指定で使用可能な幅と高さの指定
  • s通常のプロット座標における明示的なサイズ
    Scaled[s]グラフ要素の範囲との割合で与えられるサイズ
    Automaticg のもともとの縦横比で決定されるサイズ
    Allグラフ要素範囲を埋めるサイズ
  • グラフ要素を描画する際は,whAutomaticのときを除いて g におけるImageSizeAspectRatioの設定値は無視される.
  • オブジェクト g がグラフ要素として描画されるとき,もとになるスタイルは各グラフ要素に定義されたスタイルから継承される.
  • BarOriginおよび類似オプションの設定は,オブジェクト g が描画される方向にも幅と高さとしての wh の識別にも影響しない.
  • ChartElements->{g1,g2,}のとき, 各データ集合の連続する要素を表すグラフ要素の描画に が繰り返し使われる.
  • ChartElements->{spec1,spec2,}のときは,データ集合のネストリストにおける連続する次元のグラフ要素指定として が使われる.
  • ChartElements->{g1,g2,}は事実上データ集合のネストリストの最内側次元の指定を与えるとみなされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

任意のGraphicsオブジェクトに基づいた絵を使ったグラフを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Graphics3D

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Image

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

3Dの絵を使った棒を作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2008年に導入
(7.0)