ChartLabels

ChartLabels
グラフ関数のオプションで,グラフ要素にどのようなラベルを付けるかを指定する.

詳細詳細

  • ChartLabels->{lbl1,lbl2,} を各データ集合内の i 番目の要素に使う.
  • は任意の文字列,グラフィックス,その他の静的あるいは動的式でよい.
  • Noneの場合ラベルは付けられない.指定された よりデータ集合中の要素数の方が多い場合,後続する Noneとして扱われる.
  • データ集合内で,どのようにラベル付けするかがLabeledを使って明示的に指定されている場合,その指定はChartLabelsを介してラベル指定に追加される.
  • ラベルの位置その他はPlacedで指定する.
  • ChartLabels->Placed[{lbl1,lbl2,},pos]pos で指定された位置に を置く.
  • ChartLabels->{spec1,spec2,}は連続する を使ってネストしたデータ集合リストにおける連続する次元に対するラベルを指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

各棒の上の部分にラベルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各扇型の外側円周寄りにラベルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

行のラベルを棒の集合の上に,列のラベルを各棒の上に付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)