CheckboxBar

CheckboxBar[x,{val1,val2,}]
設定値が x で値 のチェックボックスがリスト x に含まれるチェックボックスバーを表す.

CheckboxBar[Dynamic[x],{val1,val2,}]
動的に更新された x の現在値を設定値とする.リスト x 中の値はチェックボックスがクリックされるたびにリセットされる.

CheckboxBar[x,{val1lbl1,val2lbl2,}]
と関連付けられたチェックボックスにラベル が付いたチェックボックスバーを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • CheckboxBar中の複数のチェックボックスを同時にチェックすることができる.チェックされたすべてのチェックボックスの値がリストで与えられる. »
  • は,文字列,ボックス,グラフィックス,その他,動的な式を含む任意の式でよい. »
  • CheckboxBar[x,list]では,list の要素としてDelimiterを用いて表示された設定バーの垂直区切りを指定できる.
  • 次のオプションが使える.
  • AppearanceAutomaticチェックボックスバーの全体的な外観
    BackgroundAutomatic使用する背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストと相対的な揃え方
    BaseStyle{}各チェックボックスのベーススタイル指定
    EnabledAutomaticチェックボックスを有効にするか,無効(灰色表示)にするか
    ImageMargins0表示されたチェックボックスの周りの余白
  • 使用可能なAppearanceオプションの設定値には次のようなものがある.
  • "Horizontal"水平方向に等間隔
    "Vertical"垂直方向に等間隔
    "Row"改行を許し,テキストのように並べる
  • Appearance -> "Vertical" -> {h, w}は,各列を水平に順番に埋めることで,グリッド内のコンテンツを指定された行数列数で表示する.Appearance -> "Horizontal" -> {h, w}とすると,代りに行が垂直に埋められる.
  • h あるいは w の一方がAutomaticのときは,すべてのコントロールが結果の格子に納まる最小の数であるとみなされる.hw の両方がAutomaticのときは,格子の行数と列数がほぼ等しくなるように計算される.
  • Method->"Active"とすると,各項目のアクティブなエリアに対応するラベルが付けられる.
  • BaseStyleLabelStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルとスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
2007年に導入
(6.0)
| 2008年に修正
(7.0)