ColorConvert

ColorConvert[expr,colspace]
expr における色指定を colspace で表される色空間を参照するように変換する.

詳細詳細

  • expr は,RGBColor[]Redのような色指定,ImageオブジェクトあるいはImage3Dオブジェクト,カラーチャンネル値の明示的なリストのいずれでもよい.
  • ColorConvert[list,]はデフォルトで list を次のように解釈する.
  • {v}グレーレベル
    {v,α}グレーレベルおよび パラメータ
    {r,g,b}赤,緑,青のレベル
    {r,g,b,α} パラメータを伴うRGB
  • ColorConvertがサポートする色空間
  • "Grayscale"GrayLevel
    "RGB"RGBColor
    "CMYK"CMYKColor
    "HSB"Hue
    "XYZ"XYZColor
    "LAB"LABColor
    "LCH"LCHColor
    "LUV"LUVColor
    ColorProfileData[][i]指定の描画明度 i を使ったカラープロファイル
  • から,あるいはこれらに変換する場合は,0から1の間になるようにチャンネル値が切り取られる.
  • から,あるいはこれらに変換する場合は,チャンネル値は切り取られず,画像に適用されると,結果として実数型の画像となる.
  • ColorConvert歯,自動的に色(白色点)の適応を行う.にはD50白色点が,にはD65白色点が仮定される.
  • から,あるいはこれへの変換では,チャンネル値はsRGB色空間のもんであると仮定される.
  • ColorConvert[input,src->dst]を使って,入力中のチャンネル値を色空間 src に従って解釈しながら,dst で指定された色空間に変換することができる.srcdst はどちらも既知の色空間あるいはカラープロファイルであってよい.
  • ColorConvert[image,colspace]ColorConvert[image,ImageColorSpace[image]->colspace]と等価である.
  • src で指定された色空間は,image 中のチャンネル数と互換である.
  • dst がカラープロファイルの場合,デバイス空間あるいは接続空間の1つは入力の色空間あるいは指定されたソースの色空間 src にマッチしなければならない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (6)  (6)

カラー写真をグレースケールに変換する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

CMYKに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

次は,直前の出力がCMYK画像であることを示している:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

3D画像をLChに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

RGBカラーオブジェクトをCMYKに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//InputForm=

明度の値をRGBに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//InputForm=

RGBカラーオブジェクトをHSBに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//InputForm=
2008年に導入
(7.0)
| 2014年に修正
(10.0)